「子どもの好き嫌いどうしたら」「仕事と家事の両立が大変で、野菜不足をなんとかしたいけれど」…そんなあなたの悩みに応える松尾先生のインタビュー

By tkbee, 2014年7月19日


みなさん、こんにちは(^-^)/

インタビュアーのTKBeeが、新婦人目黒支部の会員で管理栄養士・料理愛好家の松尾佐知子さんに農民連の野菜ボックスを使い、野菜不足を解消する知恵をお聞きしちゃいます。松尾先生は、新婦人しんぶんなどにもレシピを紹介されています。松尾先生、よろしくお願いします♪

松尾先生:まず大事なのは、今どれくらい野菜を食べているか知ることね。一日に必要な野菜の量はご存知?

TKBee:ええっと(汗)

松尾先生:成人が一日に必要な野菜の量は350g。そのうち100gは緑黄色野菜でとりましょうということになっているのよ。家族の人数をかければ、一日に料理する野菜量がすぐに出てくるけれど、TKBeeちゃんは一日にどれくらいの野菜を使って料理しているかな?

TKBee:野菜を計って調理することがないので、一日どれくらい食べているか全然わかりません(>_<) 足りないっていうことは自覚しているんですけど…

松尾先生:それじゃあ、計ることから始めましょう。慣れてくれば、この野菜だったら何グラムくらいとわかるようになってくるからね。さて、質問。この大根は何グラム?

TKBee:全然見当がつきません。100gくらい?

この大根は何グラム?

この大根は何グラム?

松尾先生:この大根は150gあるの。同じ重さでも、千切りか大根おろしか輪切りかでボリュームが全然違うから、大根で必要量をとろうと思ったら、煮物にするといいということね。

TKBee:なるほど!勉強になります。野菜をたくさん食べたいと思って、農民連の野菜ボックスを利用しているんですが、多すぎてうまく使い切れません。どんな工夫をしたらいいでしょうか。

松尾先生:家族が一週間に必要な野菜量はどれくらいか計算してみて。農民連の野菜ボックスは一週間に一度届くから、一週間分がそれでまかなえているかどうか重さを計ってみましょう。

TKBee:うちは4人家族なので、一週間に必要な野菜の量は9800gですね。今週届いた野菜を計ってみると…およそ4000g!大根、カブ、ジャガイモ、タマネギなど重い野菜が入っていたからもっと重いと思ったけれど、必要量の半分にも満たないんですね。これが食べきれないなんて、いかに野菜を食べていないかよくわかりました。

松尾先生:TKBeeちゃんは野菜ボックスが届いたらどうしてる?

TKBee:早くどうにかしなきゃと思うんですけど、しばらくそのままにしていることもけっこうあります。

松尾先生:野菜ボックスが届いたら、まずは箱から出して、その野菜を決まった場所に置くこと。大根やカブの葉は切り落として茹でておくことも大事なのよ。そして傷みやすいもの、おいしいうちに食べたいものなどからどんどん食べていってね。

TKBee:はーい!あと苦手野菜はどうしたらいいでしょうか。子どもが野菜嫌いという悩みもあります。

松尾先生:苦手野菜の調理の仕方やレシピをみんなで交換できるといいわね。それに子どもの好き嫌いで悩んでいるママは多いの。三歳児検診の栄養相談の時にそんなママたちにお話しているのは、「お手伝い」「ほめる」そして何より「親がおいしそうに食べることが大事」と伝えているのよ。 「食べたものが自分をつくる」ということを考えて、TKBeeちゃんも食べることに真剣に向き合ってみてね。

TKBee:はい!まずは野菜を計って、 1日350g食べられるようにがんばってみます。松尾先生、ありがとうございました!

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です